• 2009.01.22 Thursday
  • スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


今年最初の旅行に行きました。
ねずみ御殿、もとい、TDLです。

TDL
 

金曜の晩に夜行バスでゆられ、
土曜7時過ぎにバスターミナルに着いてから
20時前までおりました。

晴れてたし、ファストパスうまく使って
目当てのアトラクションはだいたい乗れたし、
(ビッグサンダー・マウンテンが休止中だったのが残念)
めちゃ楽しかったけど、まじ寒かった。。
パレード待ってる間、歯がガチガチしたもん。
ラストの花火まで待てずに退散しました。

学生の頃に行ったときは
単純に「夢の国だぁーー!!」と騒いでたけど、
いいオトナになってから行くと、
オリエンタルランドという会社とか、経営理念とか、
キャストさんの笑顔やサービス、純朴そうな雰囲気とか、
パレードの着ぐるみの中の人は今何考えてるのかなとか、
お給料いくらくらいもらってんのかなとか、
今日1日この敷地内でどれだけのお金が動いたのかなとか、
いろんな裏事情を考えてしまいますね。
夢がないなー、わたしって。。

でも、そんなわたしでも
エレクトリカルパレードの終盤にさしかかると
何だか感動してちょっと泣けるのでした。
それは学生の頃と同じでびっくりした。

まだ大丈夫やね。うんうん。

1泊2日で直島へ。

赤かぼちゃ/草間彌生

建築家・安藤忠雄氏設計の美術館兼ホテル
(ベネッセハウス「MUSEUM」)に宿泊しました。
ホテル内のそこかしこに設置されたアートと瀬戸内海に囲まれれば、
それだけで贅沢な非日常。

ベネッセハウス「MUSEUM」

事前に散々ネットで調べたりして
何だか知ってるような気になっていたけど、浅はかでした。

安藤建築って、すごい!
そして今まで名前を知らなかったアーティストの作品にも
完全に打ち抜かれました。

ウォルター・デ・マリア
・"タイム/タイムレス/ノー・タイム" 2004年

ジェームズ・タレル
・"オープン・フィールド" 2000年
・"オープン・スカイ" 2004年
・"バックサイド・オブ・ザ・ムーン" 1999年


難解なアート理論なんて全く必要なくて、
容赦なくダイレクトに感覚へ直結するそれは
見るもの全てを圧倒し、強烈なインパクトを刻み込む。

これは、体感するアートなんです。

写真や文章だけじゃ、絶対伝わらないんです。
(ま、写真は撮れないんですが、
少なくともわたしの文章力では。。
詳しく書いておられる方もおられるので、
興味もたれたらそちらを見てみてください。)

地中美術館は、何度でも行きたい。
他に見逃した屋外作品も多々あるので、リベンジ必須!
町の雰囲気も何もかもあのままで、また迎えてほしいな。

南瓜/草間彌生

<<new | 1 / 1pages | old>>
 
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
COMMENT
PROFILE
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
SEARCH
SPONSORED LINKS

/// (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved. /// Material by 千代紙屋 /// Template by Simplicity Blog ///